体験教室

店名でもある、「マッチ絵」とは、4.8cm×5.6cm(大平型とゆうサイズ)の大きさの、和紙で出来たマッチ箱に絵を描いたもの。お店の名物アイテムです。元々「マッチ絵」というジャンルが世の中に存在していたわけではありません。元店主である竹田竹太郎が45年程前からマッチ箱に絵を描き続けてきたものを、私たちが半ば無理やりに名前を付けたものなのでご存知ないのが当然だと思います。何故マッチ箱なのか、何故このサイズなのか、疑問があると思いますが、特に明確な理由があるわけではありません。ただ小さい絵が好きで、箱に描くのも平面とは違った面白みがあったり、マッチ絵に合わせる額を作るのも楽しかったり。あまり、”意味”を考えずに見たままに感じていただけたらと思います。店内では、絵付け体験のできる工房スペースがあり、絵の具、サインペン、極細ペン、クレヨン、水溶性色鉛筆、パステルなどたくさんの道具を用意しています。楽描きとでも言いましょうか、小さいものが好きで絵を描くことが好きな人でしたらきっと楽しんでいただけると思います。

 

 

昔ながらのマッチ箱に絵を描き、額装するだけで、とても愛らしい作品へと変わります。

 

 

体験工房はお一人¥900〜(額の種類によって値段が変わります)。

 

 

和紙張りの額だけでもたくさんの種類が揃います。

 

 

額縁は、和紙張り・2つつなぎ・3つつなぎ・4つつなぎ・木彫りのものなどいろいろな額縁をご用意しております。

 

小さなサイズですから、お子さんも気軽に体験できます。家族それぞれの絵を並べて飾るのもとても楽しいですよ。

ページトップへもどる